TOP > Blog > 2010年7月 のアーカイブ

白馬に行って来ました

3連休は暑さを避けてクライミングはちょっとだけ。

白馬で10数年振りの夏山縦走をやってきました。

土曜日はちょっと天気が悪そうだったので軽くクライミングをして、日月の二日間で扇沢から唐松に抜けました。

初日は朝5時出で五竜まで。

種池山荘。このあたりは余裕でしたが、徐々に暑くなってきます。

爺鹿島を目指してひたすら歩きます。

八峰キレットを出発したのが13時。このころから気温が上がり、五竜に着くころにはほぼ水が尽きていました。

結局五竜山頂着が16時。慣れないことをやると疲れます。

しかし核心はこのあとで、五竜の山荘に着くと山荘の前までテントがぎっしりで大混雑。

どうにかスペースを確保してこの日は五竜泊としました。

まぁ日も長いし唐松まで行ってもよかったんですけどね。楽しみは先に取っておきます(負け惜しみ)。

翌日は少しゆっくり目に起きて唐松へ。

山荘支配人の中川さんにご挨拶したりしつつ、今回の実験へ突入。

ファイブフィンガーズです。

今回はこれで山荘から唐松往復、八方尾根の下りまでをこなしました。

最近思うところあってよく走っているのですが、以前クライミングで足首を壊したこととか、元々足型が特殊なせいもあって、長く走ると足裏や膝の特定の場所が痛んでいました。

そのことでBMZの高橋さんに相談したところ、進められたのがこれです。

ポイントは前足での着地と蹴りだし、指を使うことによるアーチ強化です。

使用感ですが、ソールは薄いものの、とがった石の上に飛び乗ったりしない限りは痛みなどは感じませんでした。

むしろマッサージ効果で気持ちいいぐらい。

そして歩いていると自然と前足部で着地するようになるため膝へのショックもなく、かつ指で地面を掴むように歩くためアーチも徹底的に使います。

足裏の強化や姿勢の矯正にはとても有効だと感じました。

しかしこれで雪渓や富士山のジャリジャリ下山道を歩いたりするのはお勧めしませんw

ランだけでなくクライミングやスキーにも効果が現れそうです。

しばらくはまりそうですねー。